NCJ Introduction

会長挨拶


横山 勝

『ナノセルロースジャパン(NCJ)』は、産業技術総合研究所のコンソーシアム『ナノセルロースフォーラム(NCF)』(ナノセルロースに関するオールジャパン体制の産官学連携組織、2020年3月末に発展的解消)の後継となる、民間企業を主体とした組織です。産官学連携によるナノセルロースの技術開発・普及を行い、また会員企業間の協業による事業化を推進することでナノセルロースの実用化・産業規模の拡大を図り、さらに国際標準化を進めて日本の産業競争力を高めることを目的としています。

ナノセルロースを取り巻く環境は年々変化しており、未だ旺盛な研究開発への注目に加え、得られた技術の事業化への期待が以前にも増して高まっています。この変化に対応するには、オールジャパンとしての産官学連携、特に民間企業同士の連携が重要であり、NCJでは、3つの分科会、すなわち技術・普及分科会、ナノセルロース事業化推進分科会、標準化分科会を中心とした活動により、連携強化に貢献して参ります。これらの分科会の活動により提供される情報、企業間交流の場、展示会、講演会、国際標準化活動等を通じて、ナノセルロースの技術開発と、それに支えられた事業化がより一層活発になるよう、会員の皆様と共に進めて参りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

設立趣旨

ナノセルロースは、再生可能な資源を用い、様々な特徴を有しているため、世界中で研究開発が行われています。
このナノセルロースの実用化および産業規模の拡大を図るために、ナノセルロースジャパン(略称 NCJ)を設立します。
NCJの活動では、産官学連携による技術開発、会員企業間の協業推進、ナノセルロースの国際標準化活動を行い、日本の産業競争力を高めてまいります。

組織概要

設立2020年4月1日
事務局ナノセルロースジャパン事務局
(東京都中央区銀座3-9-11紙パルプ会館11階 紙パルプ技術協会内)
組織図

役員

会長

王子ホールディングス(株)

イノベーション推進本部長 横山 勝

副会長

東京大学 特別教授 磯貝 明

事務局長日本製紙(株) 研究開発本部長代理 野々村 文就
監査役第一工業製薬(株) レオクリスタ開発グループ長 神野 和人
技術・普及分科会長京都大学 教授 矢野 浩之
ナノセルロース事業化推進分科会長京都市産業技術研究所 研究フェロー 北川 和男
標準化分科会長一橋大学 教授 江藤 学

会員一覧

幹事会員

※五十音順

一般会員

会員向け情報

特別会員

会員向け情報

このページの先頭へ戻る